【バイト履歴書】効果的な志望動機の書き方と事例

志望動機を書く際の注意点

メリットを伝える

バイトの志望動機は、単に「働きたい」という気持ちだけでは不十分です。採用担当者は、あなたを採用することでどんなメリットがあるのかを知りたいと考えています。

そのため、志望動機を書く際には、企業やお店にとってどのような貢献ができるのかを具体的に伝えましょう。例えば、あなたのスキルや経験がどのように活かせるのか、どのようなアイデアを持っているのかなどをアピールすることで、採用担当者が具体的に採用後の姿をイメージすることができます。

文字数は250字程度で書く

バイトの志望動機は、簡潔で分かりやすい文章を心がけましょう。

長文よりも短く、要点が伝わる文章の方が読みやすく、好印象を与えます。目安としては、250字程度でまとめられるようにしましょう。

過去の経験と結び付ける

過去のアルバイト経験や学校での活動などを具体的に記述することで、あなたの能力や経験をアピールすることができます。

例えば、接客経験があれば、お客様とのコミュニケーション能力や丁寧な対応をアピールできます。また、チームで活動した経験があれば、協調性や責任感などをアピールすることができます。

過去の経験を具体的に説明することで、採用担当者はあなたの能力をより深く理解することができます。

具体的なエピソードを含める

抽象的な表現ではなく、具体的なエピソードを含めることで、あなたの個性や能力をより効果的に伝えることができます。例えば、「お客様に喜んでいただけた経験」や「困難な課題を克服した経験」などを具体的に記述することで、採用担当者はあなたの熱意や能力をより深く理解することができます。

よくある志望動機の例

家から近い場所を希望

家から近い場所を希望する場合は、通勤時間の短縮によって、仕事に集中できたり、プライベートの時間も確保できたりするなどのメリットを伝えましょう。

例えば、「家から徒歩〇分という近さなので、通勤時間を短縮し、仕事に集中できます。また、プライベートの時間も確保できるので、仕事とプライベートの両立がしやすいと考えています。」のように具体的に記述することで、採用担当者はあなたの意欲を理解することができます。

将来のキャリアに役立てたい

将来のキャリアに役立てたい場合は、具体的な目標や将来像を明確に伝えましょう。

例えば、「将来は〇〇の仕事に就きたいと考えており、今回のアルバイトを通して、〇〇のスキルを身につけたいと考えています。」のように、具体的な目標を記述することで、採用担当者はあなたの将来に対する意欲を感じることができます。

お店やブランドが好きだから

お店やブランドが好きだからという理由で応募する場合は、その理由を具体的に説明しましょう。

例えば、「〇〇というブランドが好きで、お客様に商品をおすすめしたり、接客を通してブランドの魅力を伝える仕事に携わりたいと考えています。」のように、具体的な理由を記述することで、採用担当者はあなたの熱意を理解することができます。

収入が必要だから

収入が必要だからという理由で応募する場合は、お金の使い方や将来の目標などを具体的に伝えましょう。

例えば、「学費を稼ぎたいと考えており、アルバイトを通して責任感や社会人としてのマナーを学びたいと考えています。」のように、具体的な目標を記述することで、採用担当者はあなたの真面目さを理解することができます。

シフトが希望に合うから

シフトが希望に合うからという理由で応募する場合は、なぜそのシフトで働きたいのかを具体的に説明しましょう。

例えば、「大学に通いながら、自分のペースで働きたいと考えており、〇〇のシフトは自分の生活スタイルに合っているため、応募しました。」のように、具体的な理由を記述することで、採用担当者はあなたの意欲を理解することができます。

学費や進学のため

学費や進学のためにアルバイトをする場合は、将来の目標や夢を具体的に伝えましょう。

例えば、「将来は〇〇の仕事に就きたいと考えており、学費を稼ぎながら、〇〇のスキルを身につけたいと考えています。」のように、具体的な目標を記述することで、採用担当者はあなたの将来に対する意欲を感じることができます。

資格取得の費用のため

資格取得の費用を稼ぐためにアルバイトをする場合は、取得したい資格とその理由を具体的に伝えましょう。

例えば、「〇〇の資格を取得したいと考えており、アルバイトを通して費用を稼ぎながら、資格取得に向けて努力していきたいと考えています。」のように、具体的な目標を記述することで、採用担当者はあなたの意欲を理解することができます。

職種別の志望動機の例

コンビニ

コンビニのアルバイトでは、接客経験やレジ操作スキル、商品陳列などの経験をアピールすることができます。また、早朝や深夜など、時間帯によって異なる業務をこなすことができることもアピールポイントになります。例えば、「お客様に気持ちよく買い物をしていただくために、明るく丁寧な接客を心がけたいと考えています。また、レジ操作や商品陳列など、様々な業務を効率的にこなせるよう努力したいと考えています。」のように、具体的なスキルや経験をアピールすることで、採用担当者の興味を引くことができます。

飲食店スタッフ

飲食店のアルバイトでは、接客経験や調理経験、チームワークなどをアピールすることができます。お客様に食事を楽しんでいただくために、笑顔で丁寧な接客を心がけたり、チームで協力してスムーズなサービスを提供したりすることが重要です。例えば、「お客様に笑顔で食事を楽しんでいただくために、明るく丁寧な接客を心がけたいと考えています。また、チームで協力して、お客様に最高のサービスを提供したいと考えています。」のように、具体的な経験や意欲をアピールすることで、採用担当者の興味を引くことができます。

販売スタッフ

販売スタッフのアルバイトでは、商品知識や接客経験、販売促進などをアピールすることができます。お客様に商品を魅力的に紹介したり、ニーズに合わせた商品を提案したりすることが重要です。例えば、「お客様に最適な商品を見つけるお手伝いをしたいと考えています。そのため、商品知識を深め、お客様に分かりやすく説明できるよう努力したいと考えています。」のように、具体的なスキルや意欲をアピールすることで、採用担当者の興味を引くことができます。

コールセンター

コールセンターのアルバイトでは、電話対応スキルやコミュニケーション能力、問題解決能力などをアピールすることができます。お客様からの問い合わせに正確に回答したり、トラブルをスムーズに解決したりすることが重要です。例えば、「お客様からの問い合わせに丁寧に対応し、問題解決に導くことで、お客様の満足度を高めたいと考えています。そのため、電話対応スキルを向上させ、お客様とのコミュニケーションを円滑に行えるよう努力したいと考えています。」のように、具体的なスキルや意欲をアピールすることで、採用担当者の興味を引くことができます。

イベントスタッフ

イベントスタッフのアルバイトでは、コミュニケーション能力やチームワーク、臨機応変に対応する能力などをアピールすることができます。お客様にイベントを楽しんでいただくために、笑顔で丁寧な対応を心がけたり、チームで協力してスムーズな運営をしたりすることが重要です。例えば、「お客様に楽しいイベントを体験していただくために、笑顔で丁寧な対応を心がけたいと考えています。また、チームで協力して、イベントを成功させたいと考えています。」のように、具体的な経験や意欲をアピールすることで、採用担当者の興味を引くことができます。

志望動機に関するNG例

仕事内容が簡単そう

「仕事内容が簡単そうなので応募しました」といった、仕事内容の簡単さを理由に挙げるのは、採用担当者にやる気を疑われてしまう可能性があります。仕事内容が簡単そうに見えても、実際には難しい面があることを理解し、仕事に対する意欲を伝えることが重要です。

空欄のまま提出

志望動機欄を空欄のまま提出するのは、採用担当者に失礼な行為です。たとえ簡単なバイトであっても、志望動機欄は必ず記入しましょう。

具体的ではない理由を書く

「働きたい」や「お金を稼ぎたい」など、抽象的な理由を書くのは避けるべきです。具体的な理由を挙げ、なぜそのバイトをしたいのかを明確に伝えましょう。

履歴書の志望動機を書く際のQ&A

履歴書に志望動機欄がない場合は書かなくても良い?

履歴書に志望動機欄がない場合でも、別途志望動機を記載した書類を提出するようにしましょう。採用担当者は、あなたの志望動機を知りたいと考えています。

友人の紹介で受ける場合の志望動機は?

友人の紹介で応募する場合は、友人の名前を明記し、その友人からどのような話を聞いて応募を決めたのかを具体的に伝えましょう。例えば、「〇〇さんからお話を伺い、お店の雰囲気や仕事内容に興味を持ちました。〇〇さんのように、お客様に笑顔を届けられるような接客をしたいと考えています。」のように、具体的な理由を記述することで、採用担当者はあなたの意欲を理解することができます。

志望動機を書かなくて良い場合は?

バイトによっては、志望動機を記載する必要がない場合もあります。

募集要項をよく確認し、志望動機欄があるかどうかを確認しましょう。また、志望動機が

まとめ

バイトの志望動機は、単に「働きたい」という気持ちだけでは不十分です。採用担当者は、あなたを採用することでどんなメリットがあるのかを知りたいと考えています。

そのため、志望動機を書く際には、企業やお店にとってどのような貢献ができるのかを具体的に伝えましょう。過去の経験や具体的なエピソードなどを盛り込み、あなたの個性や能力を効果的にアピールすることで、採用担当者の興味を引くことができます。

高校生のバイトの履歴書の書き方ガイド|基本情報から自己PRまで

バイト履歴書の基本ルール

履歴書の基本項目

バイト履歴書は、アルバイト応募先の企業に、自分の能力や経験をアピールする重要な書類です。

正社員の履歴書と比べて簡素な場合もありますが、基本的な項目はしっかりと押さえましょう。履歴書の基本項目は以下の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 現住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 最終学歴
  • 職務経歴(アルバイト経験など)
  • 資格・免許
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 写真

学歴・職歴欄の書き方

学歴欄には、高校の名称、入学年、卒業予定年を記入します。

高校在学中は、卒業予定年を記載しましょう。職歴欄には、アルバイト経験があれば、勤務先、職種、期間を簡潔に記入します。複数のアルバイト経験がある場合は、最新の経験から順に記載します。

資格・免許欄の記入方法

資格・免許欄には、アルバイトに役立つ資格や免許があれば、取得年月とともに記入しましょう。

例えば、販売経験のあるアルバイトであれば、販売士資格、飲食店で働く場合は、食品衛生責任者資格などを記載するとアピールポイントになります。資格取得を目指している場合は、取得予定の資格を記載することも有効です。

写真の貼り方と選び方

履歴書に貼る写真は、清潔感のある服装で、正面を向いた顔写真を選びましょう。背景はシンプルなものがおすすめです。写真は、顔全体が写り、表情が自然に見えるように、撮りましょう。また、証明写真は履歴書の右上に貼るのが一般的です。

住所と連絡先の書き方

住所と連絡先は、正確に記入しましょう。

特に電話番号は、合否の連絡をもらう際に使用される場合があるため、間違いがないように記入しましょう。連絡先が変更になった場合は、必ず最新の連絡先を記入しましょう。

趣味・特技の書き方

趣味・特技欄には、アルバイトに活かせる趣味や特技を記載しましょう。例えば、接客経験のあるアルバイトであれば、コミュニケーション能力を活かせる趣味や特技を、事務系のアルバイトであれば、事務処理能力を活かせる趣味や特技を記載すると効果的です。

志望動機・自己PRの書き方

志望動機の書き方

志望動機は、なぜそのアルバイトをしたいのか、その企業で働きたいのかを具体的に説明するものです。単に「興味がある」「稼ぎたい」といった漠然とした理由ではなく、アルバイト先の仕事内容や企業理念、自分のスキルや経験を結びつけ、熱意を込めて書きましょう。

自己PRのポイント

自己PRは、自分の強みや能力をアピールするものです。具体的なエピソードを交えながら、アルバイトで活かせるスキルや経験をアピールしましょう。例えば、学生時代に部活動でリーダーを務めた経験があれば、リーダーシップやコミュニケーション能力をアピールできます。

また、アルバイト経験があれば、その経験で培ったスキルや知識をアピールしましょう。

自己PR例文集

自己PRの例文をいくつか紹介します。

  • 私は、学生時代に部活動でリーダーを務めた経験があります。チームをまとめ、目標達成に向けて努力する中で、リーダーシップやコミュニケーション能力を磨きました。アルバイトでも、チームの一員として、積極的にコミュニケーションを取り、目標達成に貢献したいと考えています。
  • 私は、以前、飲食店でアルバイトをしていました。接客を通して、お客様とのコミュニケーションスキルを磨きました。また、お客様のニーズを理解し、笑顔で対応することで、お客様に満足していただけるよう心がけていました。これらの経験を活かし、お客様に最高のサービスを提供したいと考えています。
  • 私は、事務処理能力に自信があります。学生時代に、部活動の会計を担当し、正確に書類を作成していました。アルバイトでも、正確に事務処理を行い、業務を効率的に進めたいと考えています。

アルバイト先に合わせた志望動機の書き方

志望動機は、アルバイト先の業種や職種によって書き方を変える必要があります。例えば、飲食店で働く場合は、接客経験や料理に興味があることをアピールしましょう。事務系のアルバイトであれば、事務処理能力や正確性をアピールしましょう。

具体的なエピソードで差別化する方法

志望動機や自己PRでは、具体的なエピソードを盛り込むことで、他の応募者との差別化を図ることができます。例えば、アルバイト経験で得たスキルや知識、学生時代に頑張ったことなど、具体的なエピソードを盛り込むことで、あなたの熱意や能力が伝わりやすくなります。

履歴書作成時の注意点

提出前の確認ポイント

履歴書を提出する前に、以下の点を必ず確認しましょう。

  • 誤字脱字がないか
  • 氏名、住所、電話番号などの個人情報が正しく記入されているか
  • 志望動機や自己PRの内容が適切か
  • 写真が綺麗に貼られているか
  • 書類全体がきれいに書かれているか

誤字脱字のチェック方法

誤字脱字を防ぐためには、自分で確認するだけでなく、第三者にチェックしてもらうのが効果的です。家族や友人などに、誤字脱字がないか確認してもらいましょう。

また、パソコンで作成した場合は、ワープロソフトの誤字脱字チェック機能を利用するのも有効です。

まとめ

バイト履歴書は、アルバイト先の企業に自分の能力や経験をアピールする重要な書類です。基本的な項目をしっかりと押さえ、誤字脱字がないか確認してから提出しましょう。

また、志望動機や自己PRは、具体的なエピソードを交えながら、熱意を込めて書くようにしてください。履歴書作成は、就職活動の第一歩です。しっかりと準備をして、自信を持って提出しましょう。

「履歴書在中」は記載必須?履歴書郵送の際の記載方法と注意点

「履歴書在中」記載する意味

履歴書在中の意味とは

「履歴書在中」は、封筒に記載することで、その封筒の中に履歴書が入っていることを明確に示すためのものです。企業の採用担当者にとって、履歴書は応募者の第一印象を左右する重要な書類です。

そのため、履歴書がスムーズに、そして安全に採用担当者の手に届くように、その重要性を示すために「履歴書在中」の記載が求められます。

履歴書を確実に届けるため

「履歴書在中」の記載は、単に履歴書の存在を示すだけでなく、その書類の重要性を強調することで、郵送中の取り扱いにも影響を与えます。

郵便配達員や企業の受付担当者は、この記載を見ることで、封筒の中身が重要な書類であることを認識し、より丁寧な取り扱いをするように心がけます。これは、書類の破損や紛失を防ぐために非常に重要です。

書類が採用担当者のもとに届くようにするため

企業では、毎日多くの郵便物が届きます。その中には、請求書や案内状など、履歴書以外の書類も含まれます。これらの書類と履歴書が混ざってしまうと、採用担当者に届くまでに時間がかかったり、最悪の場合、紛失してしまう可能性もあります。

「履歴書在中」の記載は、封筒の中身が履歴書であることを明確にすることで、書類がスムーズに採用担当者に届くように導く役割を果たします。

他の郵便物と混ざってしまうのを防ぐ

企業の受付担当者は、毎日大量の郵便物を処理しています。その中で、履歴書のような重要な書類を見落とす可能性もゼロではありません。

「履歴書在中」の記載は、封筒の中身が履歴書であることを明確に示すことで、受付担当者が履歴書をすぐに認識し、適切な場所に届けられるようにします。

重要書類だとわかってもらうため

「履歴書在中」の記載は、封筒を開封する際にも注意を促す役割を果たします。企業の受付担当者や採用担当者は、この記載を見ることで、封筒の中身が重要な書類であることを認識し、開封時にはさみで傷つけないように注意を払います。

これは、履歴書が破損し、応募者の印象を悪くしてしまうことを防ぐために重要です。

封筒の選び方

適切なサイズと色

履歴書を郵送する際には、適切なサイズの封筒を選ぶことが重要です。履歴書が折れ曲がったり、破損したりしないように、大きすぎず小さすぎない封筒を選びましょう。

また、封筒の色は、白や薄いグレーなど、落ち着いた色を選ぶのが一般的です。派手な色やデザインの封筒は、失礼な印象を与えてしまう可能性があります。また、素材は、耐久性があり、破れにくいものを選びましょう。

サイズは、A4サイズの履歴書を入れるのにちょうど良い、角形2号の封筒が一般的です。

中身が透けない封筒

履歴書は個人情報を含む重要な書類です。そのため、中身が透けて見える封筒は避け、不透明な封筒を選びましょう。特に、薄い紙製の封筒は、中身が透けて見える可能性が高いので注意が必要です。

履歴書在中の正しい書き方

赤の油性ペンを使用

「履歴書在中」の記載には、赤色の油性ペンを使用するのが一般的です。赤色は目立つ色なので、封筒を開封する際に、すぐに履歴書であることがわかります。

また、油性ペンは水に濡れても滲みにくいので、雨などで濡れてしまった場合でも、文字が消えてしまう心配がありません。

間違えた場合の対処法

「履歴書在中」の文字を間違えてしまった場合は、修正液や修正テープを使用せずに、新しい封筒に書き直しましょう。

修正液や修正テープを使用すると、文字が滲んだり、汚くなってしまう可能性があります。

赤枠で囲む方法

「履歴書在中」の文字を赤枠で囲む方法もあります。赤枠で囲むことで、より目立つようになり、履歴書であることが明確になります。ただし、枠の太さや位置には注意が必要です。

枠が太すぎると、逆に目立ちすぎてしまうので、細めの枠で囲むようにしましょう。また、枠の位置は、封筒の中央に配置するのが一般的です。

「履歴書在中」を長方形に囲む

「履歴書在中」の文字を長方形に囲む方法もあります。長方形に囲むことで、より目立つようになり、履歴書であることが明確になります。ただし、長方形の大きさは、封筒のサイズに合わせて調整しましょう。小さすぎると見にくく、大きすぎると目立ちすぎてしまうので注意が必要です。

手書き以外の方法

スタンプを使用する

「履歴書在中」のスタンプを使用すると、手書きよりも簡単に、きれいに記載することができます。スタンプは、文房具店やネット通販で購入できます。ただし、スタンプを使用する場合は、鮮明な印影が押せるスタンプを選びましょう。また、スタンプのインクの色は、赤色か黒色を選びましょう。

印刷された封筒を使用する

「履歴書在中」が印刷された封筒を使用すると、手書きやスタンプで記載する手間が省けます。印刷された封筒は、文房具店やネット通販で購入できます。ただし、印刷された封筒を使用する場合は、企業の求人情報に記載されている場合、指定された形式の封筒を使用しましょう。

スタンプの使い方と注意点

スタンプを使用する場合は、インクが乾いてから封筒に貼り付けましょう。インクが乾いていないと、封筒にインクが滲んでしまう可能性があります。また、スタンプを押す際は、まっすぐ押すように心がけましょう。斜めに押してしまうと、印影が歪んでしまい、見た目が悪くなってしまいます。

「履歴書在中」と「応募書類在中」の違い

「履歴書在中」は、封筒の中に履歴書のみが入っていることを示します。「応募書類在中」は、封筒の中に履歴書以外の書類も入っていることを示します。

企業によっては、履歴書とは別に、職務経歴書やエントリーシートの提出を求める場合があります。これらの書類を同封する際は、「応募書類在中」と記載するのが適切です。

手渡しの場合でも封筒に「履歴書在中」は必要

履歴書を手渡しする場合でも、封筒に「履歴書在中」と記載することが推奨されます。手渡しの場合でも、封筒を開封する際に、履歴書であることがすぐにわかるようにするためです。

まとめ

「履歴書在中」の記載は、履歴書がスムーズに、そして安全に採用担当者の手に届くようにするための重要な要素です。適切な封筒を選び、丁寧に記載することで、応募者の第一印象を良くすることができます。

履歴書を郵送する際には、上記に注意して、丁寧な印象を与えるように心がけましょう。

パート用履歴書の正しい書き方|基本情報から注意点まで徹底解説

パート履歴書の基本的な書き方

空欄を避ける

パート履歴書を作成する際には、空欄を避けるようにしましょう。特に、学歴や職歴、志望動機などの重要な項目は、可能な限り詳細に記入することが大切です。空欄があると、応募企業から「やる気がない」「隠していることがある」と誤解される可能性があります。

誤字脱字に注意

履歴書は、あなたの第一印象を左右する重要な書類です。誤字脱字があると、せっかくの内容も台無しになってしまいます。丁寧に確認し、誤字脱字がないかチェックしましょう。特に、氏名や住所、電話番号などの基本情報は、間違いがないように注意が必要です。また、パソコンで作成する場合は、誤字脱字だけでなく、句読点やスペースの誤りにも注意しましょう。

手書きでもパソコン作成でもOK

パート履歴書は、手書きでもパソコンで作成しても問題ありません。どちらで作成するかは、応募する企業の求人情報を確認しましょう。多くの企業では、手書きまたはパソコン作成のどちらでも受け付けています。手書きの場合は、丁寧に楷書で書きましょう。パソコンで作成する場合は、ワードやエクセルなどのソフトを使用し、見やすく、誤字脱字のないように作成しましょう。

パート履歴書の基本情報

履歴書のフォーマットと用紙サイズ

パート履歴書のフォーマットは、一般的な履歴書とほぼ同じです。氏名、住所、電話番号、生年月日、最終学歴、職歴、志望動機、自己PR、本人希望欄などを記入します。用紙サイズは、A4サイズが一般的です。履歴書専用の用紙を使用する場合は、求人情報に記載されている用紙を使用しましょう。

基本情報の記入方法

基本情報は、正確に記入することが大切です。氏名、住所、電話番号、生年月日などは、誤字脱字がないか、特に注意して記入しましょう。

住所は、番地まで正確に記入し、電話番号は、携帯電話の番号も記入しておくと、連絡が取りやすくなります。生年月日は、西暦で記入するのが一般的です。

学歴・職歴の書き方

高校入学からの学歴を記入

学歴欄には、高校卒業以降の学歴を記入します。

学校名、学部・学科名、卒業年月日を記入します。学校名は、正式名称を記入し、学部・学科名は、省略せずに、正式名称を記入しましょう。卒業年月日は、西暦で記入するのが一般的です。

大学や専門学校に進学していない場合は、高校卒業後、現在までの職歴を記入します。

職歴欄の書き方

職歴欄には、パート経験を含め、アルバイト経験も記入します。会社名、勤務期間、職種、業務内容を記入します。会社名は、正式名称を記入しましょう。勤務期間は、西暦で記入するのが一般的です。職種は、具体的な職種を記入しましょう。業務内容は、具体的な内容を簡潔に記入しましょう。

職歴が多い場合の書き方

職歴が多い場合は、最新の職歴から順に記入します。古い職歴は、省略しても問題ありません。ただし、応募する企業の求人情報に、職歴に関する記載がある場合は、それに従いましょう。

アルバイト経験の記入方法

アルバイト経験は、職歴欄に記入します。会社名、勤務期間、職種、業務内容を記入します。会社名は、アルバイト先の名称を記入します。勤務期間は、西暦で記入します。職種は、アルバイトで担当した業務を具体的に記入します。業務内容は、アルバイトでどのような業務を行ったかを簡潔に記入します。

短期間のアルバイト経験の記入

短期間のアルバイト経験でも、記入するようにしましょう。短期間であっても、どのような業務を行ったのか、どのような経験を積んだのかをアピールすることができます。ただし、短期間のアルバイト経験が多数ある場合は、最新のアルバイト経験から数件を抜粋して記入しても問題ありません。

志望動機の書き方

志望動機を書く際のポイント

志望動機は、なぜその企業で働きたいのか、なぜその職種を希望するのかを具体的に説明するものです。応募する企業の理念や事業内容、求める人物像などを理解した上で、自分の経験やスキル、能力と結びつけ、熱意を持って書いてください。

企業研究をしっかり行い、企業の理念、事業内容、求める人物像などを理解した上で、なぜその企業で働きたいのかを具体的に説明しましょう。
また、なぜその企業で働きたいのか、なぜその職種を希望するのかを、自分の経験やスキル、能力と結びつけて説明すると良いでしょう。

志望動機の具体例

志望動機の具体例をいくつか紹介します。

例1:私は、貴社の「お客様に最高のサービスを提供する」という理念に共感し、お客様に喜んでいただけるサービスを提供したいと考えています。以前、接客業でアルバイトをしていた経験があり、お客様とのコミュニケーションを通して、お客様のニーズを理解し、満足していただけるサービスを提供することが大切だと学びました。貴社では、お客様に最高のサービスを提供するために、様々な取り組みを行っていることを知り、私もその一員として貢献したいと考えています。

例2:私は、貴社の「地域社会に貢献する」という理念に共感し、地域社会に貢献できる仕事に就きたいと考えています。以前、ボランティア活動で、地域の高齢者の方々に寄り添い、様々なサポートを行った経験があります。その経験を通して、地域社会に貢献することの喜びを感じ、これからも地域社会に貢献できる仕事に就きたいと考えています。貴社では、地域社会に貢献する様々な事業を行っていることを知り、私もその一員として貢献したいと考えています。

例3:私は、貴社の「社員一人ひとりの成長を支援する」という理念に共感し、自分の成長を支援してくれる会社で働きたいと考えています。以前、アルバイト先で、上司から様々なアドバイスを受け、自分の成長に繋げることができました。その経験を通して、成長を支援してくれる会社で働きたいと強く思うようになりました。貴社では、社員一人ひとりの成長を支援する様々な制度があることを知り、私もその制度を活用して、自分の成長を図りたいと考えています。

自己PRの書き方

自己PRの構成と書き方

自己PRは、あなたの強みや能力、経験などをアピールするものです。自己PRを書く際には、以下の構成を参考にしましょう。

1.自己PRのテーマ:自己PRでアピールしたいことを明確にしましょう。例えば、「コミュニケーション能力」「責任感」「チャレンジ精神」などです。
2.具体的なエピソード:自己PRのテーマを裏付ける具体的なエピソードを盛り込みましょう。エピソードを通して、あなたの強みや能力、経験などが伝わるようにしましょう。
3.アピールポイント:エピソードから得られた学びや、今後の仕事に活かせるポイントをまとめましょう。

自己PRの例文

自己PRの例文をいくつか紹介します。

例1:私は、お客様とのコミュニケーションを大切にすることを心がけています。以前、接客業でアルバイトをしていた際、お客様のニーズを的確に把握し、満足していただけるサービスを提供することで、お客様から「また来たい」という言葉をいただくことが多々ありました。この経験を通して、お客様とのコミュニケーションの重要性を学び、お客様に喜んでいただけるサービスを提供することにやりがいを感じています。

例2:私は、責任感を持って仕事に取り組むことを心がけています。以前、アルバイト先で、責任ある仕事を任された際に、周囲の期待に応えようと、時間内に完璧にこなすことを意識しました。その結果、上司から「責任感の強い人だ」と評価され、自信に繋がりました。今後も、責任感を持って仕事に取り組み、周囲の期待に応えられるように努力していきたいと考えています。

例3:私は、新しいことに挑戦することを恐れないチャレンジ精神を持っています。以前、アルバイト先で、新しい業務に挑戦する機会がありました。最初は不安もありましたが、積極的に行動することで、新しいスキルを身につけることができ、自信に繋がりました。今後も、新しいことに挑戦することで、自分の成長に繋げていきたいと考えています。

自己PRでアルバイト経験をアピール

自己PRでは、アルバイト経験をアピールすることもできます。アルバイト経験を通して、どのようなスキルや能力を身につけたのか、具体的なエピソードを交えて説明しましょう。

例えば、接客経験を通してコミュニケーション能力を身につけた、チームで働く経験を通して協調性を身につけた、責任ある仕事を任された経験を通して責任感を身につけた、などです。

本人希望欄の書き方

希望勤務時間と希望勤務地の記入方法

本人希望欄には、希望勤務時間と希望勤務地を記入します。希望勤務時間は、可能な限り具体的に記入しましょう。例えば、「週3日、午前10時から午後3時まで」のように、曜日と時間帯を明確に記入します。希望勤務地は、勤務可能な範囲を具体的に記入しましょう。例えば、「〇〇駅から徒歩10分圏内」のように、具体的な場所を記入します。

履歴書作成の注意点

誤字・脱字・記入漏れのチェック

履歴書は、あなたの第一印象を左右する重要な書類です。誤字脱字や記入漏れがあると、せっかくの内容も台無しになってしまいます。

提出前に、必ず誤字脱字や記入漏れがないかチェックしましょう。特に、氏名、住所、電話番号、生年月日、最終学歴、職歴、志望動機、自己PR、本人希望欄などの重要な項目は、間違いがないか確認しましょう。

写真のNG事例

履歴書に使用する写真は、以下のようなものは避けましょう。

スナップ写真やプライベート写真を使用している
顔が暗く写っている
目が閉じている
服装が不適切
背景がごちゃごちゃしている
写真が古すぎる
写真が破れている
写真が汚れている

よくある質問と回答

履歴書の記入でよくある質問

履歴書の記入でよくある質問をいくつか紹介します。

Q1:履歴書に写真を貼る必要があるか?
A1:履歴書には、必ず写真を添付しましょう。写真は、あなたの第一印象を左右する重要な要素です。写真がないと、応募書類が不完全とみなされる可能性があります。

Q2:履歴書に職歴をすべて記入する必要があるか?
A2:職歴は、最新の職歴から順に記入します。古い職歴は、省略しても問題ありません。ただし、応募する企業の求人情報に、職歴に関する記載がある場合は、それに従いましょう。

Q3:履歴書に志望動機を書く際に、どのような点に注意すれば良いか?
A3:志望動機は、なぜその企業で働きたいのか、なぜその職種を希望するのかを具体的に説明するものです。応募する企業の理念や事業内容、求める人物像などを理解した上で、自分の経験やスキル、能力と結びつけ、熱意を持って書きましょう。

Q4:履歴書に自己PRを書く際に、どのような点に注意すれば良いか?
A4:自己PRは、あなたの強みや能力、経験などをアピールするものです。自己PRを書く際には、以下の構成を参考にしましょう。

1.自己PRのテーマ:自己PRでアピールしたいことを明確にしましょう。例えば、「コミュニケーション能力」「責任感」「チャレンジ精神」などです。
2.具体的なエピソード:自己PRのテーマを裏付ける具体的なエピソードを盛り込みましょう。エピソードを通して、あなたの強みや能力、経験などが伝わるようにしましょう。
3.アピールポイント:エピソードから得られた学びや、今後の仕事に活かせるポイントをまとめましょう。

Q5:履歴書に本人希望欄を記入する際に、どのような点に注意すれば良いか?
A5:本人希望欄には、希望勤務時間と希望勤務地を記入します。希望勤務時間は、可能な限り具体的に記入しましょう。例えば、「週3日、午前10時から午後3時まで」のように、曜日と時間帯を明確に記入します。希望勤務地は、勤務可能な範囲を具体的に記入しましょう。例えば、「〇〇駅から徒歩10分圏内」のように、具体的な場所を記入します。

パート履歴書に関する疑問解決

パート履歴書に関する疑問をいくつか紹介します。

Q1:パート履歴書に職歴はすべて記入する必要があるか?
A1:パート履歴書に職歴をすべて記入する必要はありません。最新の職歴から数件を抜粋して記入しても問題ありません。ただし、応募する企業の求人情報に、職歴に関する記載がある場合は、それに従いましょう。

Q2:パート履歴書にアルバイト経験は記入する必要があるか?
A2:パート履歴書には、アルバイト経験も記入しましょう。アルバイト経験を通して、どのようなスキルや能力を身につけたのかをアピールすることができます。

Q3:パート履歴書に志望動機はどのように書けば良いか?
A3:パート履歴書の志望動機は、なぜその企業で働きたいのか、なぜその職種を希望するのかを具体的に説明するものです。応募する企業の理念や事業内容、求める人物像などを理解した上で、自分の経験やスキル、能力と結びつけ、熱意を持って書きましょう。

Q4:パート履歴書に自己PRはどのように書けば良いか?
A4:パート履歴書の自己PRは、あなたの強みや能力、経験などをアピールするものです。自己PRを書く際には、以下の構成を参考にしましょう。

1.自己PRのテーマ:自己PRでアピールしたいことを明確にしましょう。例えば、「コミュニケーション能力」「責任感」「チャレンジ精神」などです。
2.具体的なエピソード:自己PRのテーマを裏付ける具体的なエピソードを盛り込みましょう。エピソードを通して、あなたの強みや能力、経験などが伝わるようにしましょう。
3.アピールポイント:エピソードから得られた学びや、今後の仕事に活かせるポイントをまとめましょう。

Q5:パート履歴書に本人希望欄はどのように記入すれば良いか?
A5:パート履歴書の本人希望欄には、希望勤務時間と希望勤務地を記入します。希望勤務時間は、可能な限り具体的に記入しましょう。例えば、「週3日、午前10時から午後3時まで」のように、曜日と時間帯を明確に記入します。希望勤務地は、勤務可能な範囲を具体的に記入しましょう。例えば、「〇〇駅から徒歩10分圏内」のように、具体的な場所を記入します。

まとめ

パート履歴書は、あなたの第一印象を左右する重要な書類です。丁寧に作成し、誤字脱字や記入漏れがないか、しっかりと確認しましょう。

特に、氏名、住所、電話番号、生年月日、最終学歴、職歴、志望動機、自己PR、本人希望欄などの重要な項目は、間違いがないか確認しましょう。また、応募する企業の求人情報に、履歴書に関する記載がある場合は、従うようにしてください。

パート履歴書を作成する際には、これらの点を参考に作成してみてくださいね。

アルバイトの履歴書の書き方|書き方やよくある質問もご紹介

アルバイトの履歴書を作成する際、初めての方や慣れていない方は不安になることが多いです。しかし、しっかりとした手順を踏むことで、簡単に魅力的な履歴書を作成することができます。

本記事では、アルバイト用の履歴書の書き方について詳しく解説します。

成功する履歴書作成の秘訣

履歴書は、あなたの第一印象を左右する重要な書類です。企業に好印象を与え、面接に繋げるためには、以下のポイントを意識して作成しましょう。

  1. 丁寧で正確な情報
  2. 清潔感のある見た目
  3. 企業への熱意を伝える志望動機
  4. あなたの魅力をアピールする自己PR
  5. 誤字脱字の確認

これらのポイントを意識することで、企業にとってより魅力的な履歴書になるでしょう。

アルバイト用履歴書を書くときのルール

履歴書は必ず黒いボールペンで書く

アルバイトの履歴書は、就職活動とは異なり、必ず黒いボールペンで記入することが基本です。これは、履歴書が企業に提出される書類であり、丁寧さを示すためです。

ボールペンの色は黒以外では、失礼と捉えられてしまう可能性があります。また、消せるボールペンなどのインクがにじみやすいボールペンの使用も避けましょう。

履歴書は、清潔感のある印象を与えることが重要です。そのため、ボールペンは、インクがにじみにくいものを選び、丁寧に記入することが大切です。

個人情報と写真の正しい書き方

履歴書に記載する個人情報は、正確かつ丁寧に記入することが重要です。氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなど、間違いがないか確認しましょう。

特に電話番号は、連絡が取りやすいように携帯電話の番号を記載することをおすすめします。

また、写真も重要な要素です。履歴書用の写真では、無背景で、正面を向いた、服装はスーツなど、清潔感のあるものを選びましょう。写真は、笑顔よりも、真面目な表情の方が好印象です。

学歴・職歴欄の記入方法

学歴欄には、高校卒業以降の学校名、入学年月、卒業年月を記入します。専門学校や大学院に進学している場合は、その情報も記載しましょう。

職歴欄には、アルバイト経験がある場合は、勤務先名、職種、勤務期間を記入します。アルバイト経験がない場合は、空白で構いません。

ただし、アルバイト経験がない場合でも、ボランティア活動やサークル活動などの経験があれば、職歴欄に記載することができます。これらの経験は、あなたの社会経験やコミュニケーション能力を示すことができます。

連絡先の書き方

連絡先は、電話番号とメールアドレスを記載します。電話番号は、携帯電話の番号を記載することをおすすめします。メールアドレスは、普段使用しているもので、連絡が取りやすいものを記載しましょう。

また、メールアドレスは、誤字脱字がないか確認することが大切です。連絡先が間違っていると、採用担当者から連絡が届かない可能性があります。

志望動機と自己PRの作成方法

履歴書を書く男性

志望動機を書く際のポイント

志望動機は、なぜそのアルバイトをしたいのか、企業への熱意を伝える重要な要素です。単に「お金を稼ぎたい」や「経験を積みたい」といった漠然とした理由ではなく、具体的な理由を明確に示すことが大切です。

例えば、そのアルバイトでどのようなスキルを身につけたいのか、どのような経験を積みたいのか、企業の理念や商品・サービスに共感した理由などを具体的に説明しましょう。

また、企業のホームページや求人情報などを参考に、企業の理念やビジョン、求める人物像などを理解し、それらと自分の希望や能力を結びつけ、企業が求める人材であることをアピールしましょう。

自己PRの効果的な書き方

自己PRは、あなたの強みや能力、経験などをアピールするものです。アルバイト経験がない場合でも、学生時代に培ったスキルや経験、例えば、部活動やサークル活動、ボランティア活動などを具体的に説明しましょう。

これらの経験を通して、どのような能力を身につけたのか、どのように成長したのかをアピールすることが重要です。また、自己PRでは、具体的なエピソードを盛り込むことで、より説得力が増します。

例えば、アルバイト経験を通して、お客様とのコミュニケーション能力を向上させた経験や、チームで目標達成するために努力した経験などを具体的に説明しましょう。

ポジティブにアピールする方法

履歴書は、あなたの魅力をアピールするツールです。そのため、ポジティブな言葉遣いを心がけ、明るく前向きな印象を与えることが大切です。例えば、「~に興味があり、積極的に取り組みたいと思います」や「~の経験を活かして、貢献したいと考えています」など、具体的な行動や目標を明確に示すことで、あなたの熱意が伝わります。

また、ネガティブな表現は避け、ポジティブな言葉で表現しましょう。例えば、「~が苦手です」ではなく、「~を克服するために努力しています」のように、前向きな言葉で表現することで、あなたの成長意欲が伝わります。

免許・資格、本人希望欄の記入方法

履歴書,免許・資格欄

取得資格の正しい記載方法

履歴書には、取得資格があれば、資格名、取得年月を記載します。資格は、アルバイトの仕事内容に関連する資格があれば、積極的に記載しましょう。

例えば、販売のアルバイトであれば、販売士資格、接客のアルバイトであれば、サービス接遇検定などの資格を記載することで、あなたのスキルや能力をアピールすることができます。

本人希望欄の記入例

本人希望欄には、勤務時間や曜日、希望する職種などを記入します。勤務時間や曜日は、可能な範囲で具体的に記載しましょう。

例えば、「週3日、17時~22時まで勤務希望」のように、具体的な時間帯を記載することで、企業があなたの勤務状況を把握しやすくなります。また、希望する職種がある場合は、具体的な職種名を記載しましょう。

保護者記入欄の書き方

保護者記入欄は、アルバイトによっては、保護者の署名が必要な場合があります。保護者記入欄には、保護者の氏名、電話番号を記入します。

保護者の電話番号は、緊急連絡先として、企業が連絡を取る際に必要となります。保護者記入欄は、丁寧に記入し、誤字脱字がないか確認しましょう。

アルバイトの履歴書に関するよくある質問

履歴書,質問

アルバイトの履歴書作成に関して、よくある質問とその回答をまとめました。

Q.履歴書は手書きで書かなければいけないのですか?

A.アルバイトの履歴書は、手書きで書くことが一般的です。しかし、企業によっては、パソコンで作成した履歴書を提出することも可能です。求人情報に記載されている応募方法を確認しましょう。

Q.写真は必ず必要ですか?

A.アルバイトの履歴書では、写真が必須ではありません。しかし、写真欄がある場合は、写真も提出することをおすすめします。写真があることで、企業はあなたの顔と名前を結びつけやすくなり、印象に残る可能性があります。

Q.アルバイト経験がない場合、どのように書けば良いですか?

A.アルバイト経験がない場合は、学生時代に培ったスキルや経験をアピールしましょう。例えば、部活動やサークル活動、ボランティア活動などを具体的に説明することで、あなたの能力や経験をアピールすることができます。

Q.志望動機はどのように書けば良いですか?

A.志望動機は、なぜそのアルバイトをしたいのか、企業への熱意を伝えることが重要です。単に「お金を稼ぎたい」や「経験を積みたい」といった漠然とした理由ではなく、具体的な理由を明確に示しましょう。企業のホームページや求人情報などを参考に、企業の理念やビジョン、求める人物像などを理解し、それらと自分の希望や能力を結びつけ、企業が求める人材であることをアピールしましょう。

Q.自己PRはどのように書けば良いですか?

A.自己PRは、あなたの強みや能力、経験などをアピールするものです。アルバイト経験がない場合でも、学生時代に培ったスキルや経験、例えば、部活動やサークル活動、ボランティア活動などを具体的に説明しましょう。これらの経験を通して、どのような能力を身につけたのか、どのように成長したのかをアピールすることが重要です。また、自己PRでは、具体的なエピソードを盛り込むことで、より説得力が増します。

Q.履歴書を提出する際に、何か注意することはありますか?

A. 履歴書を提出する際には、以下の点に注意しましょう。

  1. 誤字脱字がないか確認する
  2. 清潔感のある状態で提出する
  3. 提出期限を守る

これらの点に注意することで、企業に好印象を与えることができます。

まとめ

アルバイトの履歴書作成は、就職活動の履歴書作成と比べて、それほど難しいものではありません。しかし、企業に好印象を与えるためには、丁寧で正確な情報、そしてあなたの魅力を伝えることが重要です。

個人情報や学歴・職歴などを正確に記入しましょう。志望動機や自己PR欄では、どうしてそのアルバイトを選んだのかや、自分の長所をどのように活かせるのかをアピールします。最後に、誤字脱字がないか確認し提出しましょう。

アルバイト経験は職務経歴書に書くべき?書くときのコツも紹介

アルバイト経験しかない方にとって、職務経歴書にアルバイト経験をどう上手くアピールすべきか悩んでしまう人も多いですよね。

本記事では、アルバイト経験を最大限に活かす書き方のポイントや具体例をご紹介します。

アルバイト経験しかない場合、職務経歴書に書くべき?

応募企業や職種で活かせる場合がある

アルバイト経験しかない場合でも、応募する企業や職種で活かせる経験があれば、職務経歴書に記載するようにしましょう。

例えば、販売や接客のアルバイト経験は、顧客対応やコミュニケーション能力をアピールする材料になります。また、事務処理やデータ入力などのアルバイト経験は、事務処理能力や正確性をアピールできます。

これらの経験は、正社員として働く上で役立つスキルとして評価される可能性があります。

正社員と同等の働き方であれば書くべき

アルバイトであっても、正社員とほぼ同等の責任や業務内容を担っていた場合は、職務経歴書に記載する価値があります。

例えば、責任者としてチームをまとめたり、新規顧客開拓や売上目標達成に貢献したりしていた場合は、その経験は正社員としての仕事にも活かせる可能性が高いです。このような経験は、企業にとって貴重なアピールポイントになります。

アルバイトと明記することが必須

アルバイト経験を記載する場合は、必ず「アルバイト」と明記することが重要です。

企業は、アルバイト経験と正社員経験を区別して評価するため、誤解を与えないように明確に記載しましょう。例えば、「〇〇株式会社 アルバイト 〇〇職」のように、会社名、アルバイトの肩書き、職種を明確に記載します。

アルバイト経験を職務経歴書に書く意義

アルバイト経験が評価されるポイント

アルバイト経験は、必ずしも正社員経験に劣るものではありません。企業によっては、アルバイト経験から得られるスキルや経験を高く評価する場合もあります。

アルバイト経験から得られる主な評価ポイントは、以下の通りです。

評価ポイント①責任感と勤勉さ

長期間アルバイトを続けることで、責任感や勤勉さをアピールできます。特に、責任ある立場を経験していた場合は、その経験を具体的に記述することで、企業に強い印象を与えることができます。

評価ポイント②コミュニケーション能力

接客や販売などのアルバイト経験は、顧客とのコミュニケーション能力を磨く絶好の機会です。顧客対応やクレーム対応などの経験を具体的に記述することで、コミュニケーション能力の高さをアピールできます。

評価ポイント③チームワーク

チームで働くアルバイト経験は、チームワークや協調性をアピールする材料になります。チームで目標達成に貢献した経験や、チームメンバーとの協力体制を築いた経験などを具体的に記述することで、協調性やチームワーク能力の高さを示すことができます。

評価ポイント④顧客対応力

接客や販売などのアルバイト経験は、顧客対応力を磨く絶好の機会です。顧客のニーズを理解し、適切な対応をする経験は、どんな職種でも必要とされる能力なのでアピールすることができます。

評価ポイント⑤自己学習能力

アルバイトを通して、新しい知識やスキルを習得した経験は、自己学習能力をアピールする材料になります。積極的に新しい知識やスキルを学び、業務に活かしてきた経験を具体的に記述することで、自己学習能力の高さを示すことができます。

アルバイトによっては応募企業へのアピールになる

職務経歴書に記載するアルバイト経験は、応募する企業や職種に関連するものを選びましょう。例えば、営業職を志望する場合は、販売や接客のアルバイト経験を記載するのが効果的です。事務職を志望する場合は、事務処理やデータ入力などのアルバイト経験を記載するのが効果的です。

また、アルバイト経験の中でも、責任ある立場を経験したり、成果を挙げたりした経験を優先的に記載しましょう。例えば、アルバイトリーダーとしてチームをまとめたり、売上目標を達成したりした経験は、企業にとって魅力的なアピールポイントになります。

長期間のアルバイト経験もプラスになる

長期間にわたるアルバイト経験は、責任感や勤勉さをアピールする上で有効です。特に、同じ職場で長く働き続けることで、企業への忠誠心や安定感を示すことができます。長期間のアルバイト経験を記載する場合は、期間だけでなく、その間に行った具体的な業務内容や成果を詳細に記述しましょう。

職務経歴書で記載する項目とは

基本情報の記載方法

職務経歴書の基本情報では、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスなどを記載します。これらの情報は、企業が応募者と連絡を取るために必要となるため、正確に記載しましょう。

また、写真も必要となる場合があるので、企業の求人情報を確認し、必要であれば写真を添付しましょう。

職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の要約であり、応募者がどのようなスキルや経験を持っているのかを簡潔に示すものです。職務要約は、企業が応募者のスキルや経験を把握する上で重要な役割を果たします。そのため、簡潔で分かりやすく、自分の強みをアピールしましょう。

例えば、販売経験をアピールしたい場合は、「顧客満足度向上のための接客スキルと販売戦略立案経験」のように、具体的なスキルや経験を盛り込みましょう。

詳細な業務内容の記載

職務経歴書では、アルバイト経験の詳細な業務内容を具体的に記載することが重要です。企業は、応募者がどのような業務経験を持っているのか、具体的な内容を知りたいと考えています。そのため、単に職種や業務内容を羅列するのではなく、具体的な業務内容や成果を分かりやすく記述しましょう。

例えば、販売のアルバイト経験であれば、「顧客対応、商品陳列、レジ業務、売上管理、在庫管理」などの具体的な業務内容を記載します。さらに、具体的な成果を数値で示すことで、より効果的にアピールできます。

「売上目標達成率120%を達成」のように、具体的な数値を盛り込むことで、企業に具体的な成果を伝えることができます。

アルバイト経験を職務経歴書に書くときのコツ

なぜアルバイトをしていたのか明記する

アルバイト経験を記載する際には、なぜそのアルバイトを選んだのか、その理由を明確に記述することが重要です。企業は、応募者の仕事に対する考え方や動機を知りたいと考えています。

そのため、アルバイトを選んだ理由や、そのアルバイトで得られた経験がどのように将来のキャリアに役立つと考えているのかを明確に伝えましょう

例えば、「接客スキルを磨くために飲食店でのアルバイトを選びました」のように、具体的な理由を記述することで、企業に対するアピールポイントを明確に伝えることができます。

業務内容と成果を具体的に書く

アルバイト経験を記載する際には、具体的な業務内容と成果を詳細に記述することが重要です。企業は、応募者がどのような業務を担当し、どのような成果を上げたのかを知りたいと考えています。そのため、単に業務内容を羅列するのではなく、具体的な業務内容や成果を分かりやすく記述しましょう。

例えば、「飲食店でのアルバイト経験」として、「顧客対応、注文受け、料理提供、レジ業務、売上管理」を行ったことを記述し、さらに「売上目標達成率120%を達成した経験」を盛り込むことで、企業に具体的な成果を伝えることができます。

関連性のあるアルバイト経験を優先して書く

職務経歴書に記載するアルバイト経験は、応募する企業や職種に関連するものを優先的に選びましょう。例えば、営業職を志望する場合は、販売や接客のアルバイト経験を記載するのが効果的です。

事務職を志望する場合は、事務処理やデータ入力などのアルバイト経験を記載するのが効果的です。

また、アルバイト経験の中でも、責任ある立場を経験したり、成果を挙げたりした経験を優先的に記載しましょう。例えば、アルバイトリーダーとしてチームをまとめたり、売上目標を達成したりした経験は、企業にとって魅力的なアピールポイントになります。

長期間のアルバイト経験を強調する

長期間にわたるアルバイト経験は、責任感や勤勉さをアピールする上で有効です。特に、同じ職場で長く働き続けることで、企業への安定感を示すことができます。

長期間のアルバイト経験を記載する場合は、期間だけでなく、その間に行った具体的な業務内容や成果を詳細に記述しましょう。

アルバイト経験を正社員経験に置き換えて考える

アルバイト経験を正社員経験に置き換えて考えることで、職務経歴書をより魅力的にすることができます。

例えば、アルバイトリーダーとしてチームをまとめたり、新規顧客開拓や売上目標達成に貢献したりしていた場合は、その経験を正社員としての業務に置き換えて記述することで、企業に対するアピールポイントを明確にすることができます。

まとめ

アルバイト経験を職務経歴書に記載する際には、具体的な業務内容や成果を詳細に記述することが重要です。企業は、応募者がどのような業務経験を持っているのか、具体的な内容を知りたいと考えています。

また、応募する企業や職種に関連するアルバイト経験を優先的に選び、長期間のアルバイト経験や責任ある立場を経験したことを強調しましょう。これらのポイントを押さえることで、アルバイト経験を最大限に活かした職務経歴書を作成することができます。

職務経歴書の自己PRの書き方とは?|例文や考え方もご紹介

職務経歴書の自己PRは、転職活動において非常に重要な要素です。

この記事では、企業に高く評価される自己PRの書き方と例文を詳しく解説します。

成功するための具体的なステップを踏まえ、自分の強みを効果的にアピールしましょう。

自己PRは重要な項目

自己PRが採用に与える影響

自己PRは、あなたがこれまで培ってきた経験やスキル、そして将来の目標をアピールする重要な項目です。採用担当者は、あなたの職務経歴書を通して、あなたの能力や適性、そして企業へどのように貢献できるのかを評価します。

自己PRは、その中でも特に、あなたの個性や強みを伝えるための重要な要素となります。効果的な自己PRは、採用担当者に強い印象を与え、面接に進む可能性を高めるだけでなく、入社後の活躍にも繋がるでしょう。

採用担当者が注目するポイント

採用担当者は、自己PRを通して、以下のポイントを評価しています。

  • あなたの強みとスキル:あなたがどのようなスキルや経験を持ち、どのように活かせるのか。具体的なエピソードや数字を用いてアピールすることが重要です。
  • 企業への貢献意欲: あなたがなぜその企業で働きたいのか、どのように貢献をしたいのか。企業の理念やビジョンへの理解を示し、具体的な目標を語ることで、強い意欲を伝えることができます。
  • 成長意欲: 入社後も常に学び続け、成長しようとしているのか。過去の経験から学んだことや、今後の成長目標を明確に示すことで、積極的な姿勢をアピールできます。
  • コミュニケーション能力: 相手に分かりやすく、効果的に伝えることができるのか。自己PRを通して、論理的な思考力や表現力、コミュニケーション能力をアピールしましょう。

自己PRの基本構成とは

自己PRは、以下の構成を意識して書きましょう。

  1. 自己紹介: あなたの名前や職務経歴を簡単に紹介します。
  2. アピールポイント: あなたの強みやスキル、経験を具体的に説明します。
  3. 企業への貢献: あなたがその企業でどのように貢献したいのか、具体的な目標を述べます。
  4. 結び: 自己PRの締めくくりとして、入社への意欲を表明します。

自己PRを書くためのステップ

過去の経験や実績の棚卸しをする

まず、過去の経験や実績を振り返り、棚卸しを行いましょう。職務経歴書に記載する内容だけでなく、学生時代に力を入れたことや、アルバイト経験、ボランティア活動など、あらゆる経験を洗い出します。

それぞれの経験から、どのようなスキルや知識を習得したのか、どのような成果をあげたのかを具体的に書き出してみましょう。

企業が求めている人物像を書き出す

次に、応募企業や応募職種の求める人物像を理解することが重要です。

企業のホームページや求人情報、会社説明会などで、企業理念やビジョン、求める人物像などをしっかりと確認しましょう。企業が求めるスキルや経験、価値観などを分析し、あなたの強みがどのように活かせるのかを考えます。

過去の経験から具体的なスキルを書き出す

過去の経験から、応募企業が求めるスキルや経験に関連する具体的なエピソードを書き出します。

例えば、チームでプロジェクトを成功させた経験があれば、チームワークやリーダーシップ、問題解決能力などをアピールできます。具体的な数字や成果を盛り込むことで、より説得力のある自己PRになります。

300字程度で自己PRをまとめる

最後に、書き出した内容を300字程度にまとめます。

自己PRは、簡潔で分かりやすく、読み手の心を掴む文章であることが重要です。文章全体を通して、論理的な構成と分かりやすい言葉遣いを心がけましょう。

職務経歴書に書く自己PRの例

営業職における自己PR例

私は、前職では新規顧客開拓や既存顧客のフォローを担当し、3年間で売上目標を120%達成しました。顧客との信頼関係を築き、ニーズを的確に把握することで、高い成約率を実現しました。数字で成果を示せるだけでなく、顧客とのコミュニケーションを重視し、長期的な関係構築に努めてきました。貴社では、これまでの経験を活かし、新規顧客開拓や売上拡大に貢献したいと考えています。

マーケティング職における自己PR例

私は、前職ではWebサイトの企画・制作・運用を担当し、SEO対策やリスティング広告などを活用することで、ウェブサイトへのアクセス数を2倍に増加させました。データ分析に基づいた戦略立案と実行力、そして顧客視点に立ったマーケティング活動によって、企業のブランド認知度向上に貢献しました。貴社では、これまでの経験を活かし、効果的なマーケティング戦略を立案し、企業の成長に貢献したいと考えています。

人事職における自己PR例

私は、前職では人事担当として、採用活動、研修企画、社員エンゲージメント向上に取り組みました。新卒採用では、独自の選考方法を導入することで、入社後の定着率を10%向上させました。また、社員研修では、個々の能力開発に合わせたプログラムを企画・実施し、社員のモチベーション向上に貢献しました。貴社では、これまでの経験を活かし、人材育成や組織活性化に貢献し、企業の成長を支えたいと考えています。

SE職における自己PR例

私は、前職ではシステム開発に携わり、要件定義から設計、開発、テストまでの一連の工程を担当しました。特に、顧客のニーズを的確に理解し、最適なシステムを開発することで、顧客満足度向上に貢献しました。また、チームで開発を進める際に、コミュニケーション能力を活かし、円滑なチームワークを構築することで、プロジェクトの成功に貢献しました。貴社では、これまでの経験を活かし、最新の技術を駆使したシステム開発を通じて、企業の業務効率化に貢献したいと考えています。

注意すべきポイント

具体的なエピソードや数字を意識する

自己PRでは、抽象的な表現ではなく、具体的なエピソードや数字を用いて、あなたのスキルや経験をアピールすることが重要です。

例えば、「コミュニケーション能力が高い」と書くのではなく、「前職では、顧客とのコミュニケーションを大切にし、ニーズを的確に把握することで、成約率を20%向上させました」のように、具体的なエピソードや数字を盛り込むことで、あなたの能力をより明確に伝えることができます。

自己PR以外の項目と一貫性を持たせる

自己PRは、職務経歴書や履歴書の内容と矛盾しないように、一貫性を持たせることが重要です。自己PRで記載したスキルや経験が、職務経歴書や履歴書の内容と一致していないと、採用担当者は不信感を抱く可能性があります。

そのため、自己PRを作成する前に、職務経歴書や履歴書の内容をしっかりと確認し、自己PRの内容と整合性をとるようにしましょう。

誤字脱字のチェック

自己PRは、あなたの能力や個性、そして企業への貢献意欲を伝える重要な項目です。誤字脱字があると、せっかくの内容も台無しになってしまいます。

完成した自己PRは、必ず誤字脱字がないか確認しましょう。できれば、第三者にチェックしてもらうとより確実です。

読みやすさを意識する

自己PRは、採用担当者が短時間で内容を理解できるよう、簡潔で分かりやすい文章であることが重要です。難しい言葉や専門用語を避けて、誰でも理解できる言葉で書きましょう。

また、段落分けや箇条書きなどを効果的に活用することで、読みやすさを向上させることができます。

客観的な視点を持つ

自己PRは、自分の強みやスキルをアピールする場ですが、客観的な視点を持つことも大切です。自分の長所だけでなく、短所や改善点も認識し、正直に記述することで、誠実な印象を与えられます。

また、自己PRの内容が、企業の求める人物像と合致しているか、客観的に判断することも重要です。

面接で自己PRはどう伝える?

職務経歴書とズレがないようにする

面接では、職務経歴書に記載した自己PRの内容と矛盾しないように、伝えることが重要です。面接官は、自己PRの内容をもとに質問をしてくる場合もあります。

そのため、自己PRの内容をしっかりと整理し、面接で自信を持って説明できるように準備しておきましょう。

書面で伝えきれなかったエピソードを盛り込む

面接では、職務経歴書に書ききれなかったエピソードを盛り込むことで、自己PRをより具体的に説明することができます。

例えば、職務経歴書では、具体的な数字やエピソードを省略している場合でも、面接では詳細を説明することで、あなたの能力や経験をより深く理解してもらうことができます。

自己PRが見つからない場合の対策

転職エージェントに相談する

自己PRがなかなか書けない場合は、転職エージェントに相談してみるのも有効です。転職エージェントは、あなたの強みやスキル、そしてキャリアプランを理解した上で、自己PRの書き方や内容についてアドバイスをしてくれます。

また、応募企業の求める人物像や業界の動向なども教えてくれるので、より効果的な自己PRを作成することができます。

外部の人にチェックしてもらう

第三者に自己PRを見てもらうことで、客観的な意見やアドバイスを得ることができます。

友人や家族、転職エージェントなどに、自己PRの内容や文章の分かりやすさ、誤字脱字などをチェックしてもらいましょう。

職務経歴書のサンプルを参照する

自己PRが書けない場合は、職務経歴書のサンプルを参考にすると良いでしょう。インターネットや書籍などで、様々な職種や業界の自己PRサンプルを見ることができます。

サンプルを参考にしながら、自分の経験やスキルをどのように表現すれば良いのか、具体的なイメージを掴みましょう。

他己分析をしてもらう

他己分析とは、自分自身について、客観的に分析してもらうことです。友人や家族、転職エージェントなどに、あなたの強みやスキル、そして改善点などを分析してもらいましょう。

他己分析を通して、自分では気づかなかった強みやスキルを発見できるかもしれません。

まとめ

自己PRは、採用担当者にあなたの魅力を伝えるための重要なツールです。効果的な自己PRを作成するためには、過去の経験や実績を振り返り、応募企業の求める人物像を理解し、具体的なスキルや経験をアピールすることが重要です。誤字脱字や読みやすさにも注意し、客観的な視点を持って自己PRを作成しましょう。

自己PRが書けない場合は、転職エージェントに相談したり、外部の人にチェックしてもらうなど、様々な方法を活用しましょう。自信を持って、あなたの魅力をアピールしてください。

履歴書と一緒に送る送付状とは?作り方とポイントや注意点を解説

履歴書に添えて送る”送付状”(添え状)とは

送付状とは:

送付状とは、書類を郵送する際に次の情報が一目見て分かるように同封する書類の事を言います。

・文書を送付した目的

・封筒に入っている書類の内容と枚数

送付状は「挨拶状」、「送り状」、「添え状」、「カバーレター」などと呼ばれることもあります。

書類を受け取った担当者が封筒を開けて一番始めに送付状を見る事で、これらの情報を簡潔に伝える事ができます。

書類を郵送する際に送付状を添えることは一般的なビジネスマナーの一つとして認識されています。

履歴書の送付状とは:

就職活動や転職活動で企業の求人に応募する際、応募方法として履歴書や職務経歴書の郵送を指定されることがあります。

そのような場合には、指定された提出書類に加え、送付状を同封するようにしましょう。

次の場合には送付状は必要ありません。

・応募書類をメールで送る場合

・説明会や面接などの機会に直接履歴書を提出する場合

応募先の企業から履歴書や職務経歴書の提出方法をメールと指定された場合は、メールの本文が送付状の役割を果たすので、別途送付状を用意する必要はありません。

では、なぜ直接履歴書を提出する場合には、送付状を同封する必要がないのでしょうか。

この疑問を解消するために、次の章では送付状の持つ役割について解説していきます。

履歴書送付時に送付状(添え状)を付ける理由

履歴書の送付状の役割:

送付状には、「挨拶」と「送付書類の案内」の2つの役割があります。

・挨拶状としての役割

ビジネスシーンにおいて最も丁寧な書類の提出方法は、直接相手の元に伺って挨拶をし、書類を手渡しする方法だと考えられています。

そのため、書類を郵送するときは直接ご挨拶をすることができない代わりに、送付状を同封する事で相手への敬意を伝えます。

これらの事から、説明会や面接などの機会に直接履歴書を提出する場合は、直接ご挨拶をすることができるので、送付状を同封する必要が無いとされているのです。

企業から履歴書の郵送を指定された場合でも、誠意を持って応募をした事が伝わるように、忘れずに送付状を同封する事が大切です。

・送付書類の案内

送付状は、封筒を開けた時に一番上になるように封入します。

封筒を受け取った担当者が一番始めに送付状を目にする事で、

誰から送られてきた書類か

何のために送られてきた書類か

何を、何枚送られたきたか

これらの情報を素早く把握する事ができます。

封筒を受け取った担当者が送付状を見る事で、書類の枚数が足りていない場合や、誤って違う部署に届いてしまった場合などにすぐに気付く事ができるのです。

履歴書に送付状を添えて送るメリット

採用担当者にとっての送付状のメリット:

企業の採用担当者にとっては、送付状の持つ役割のうち、「送付書類の案内」が重要なポイントとなっています。

企業の採用担当者は同時期にたくさんの応募書類を受け取る機会が多いため、わかりやすく作成された送付状を見る事でひとつひとつ書類をチェックする手間が軽減されます。

応募者にとっての送付状のメリット:

一目見て内容の分かる送付状を送る事で、応募者にわかりやすい書類を作成する能力がある事が伝わります。新卒採用の場合は、ビジネスマナーについてきちんと学んでいる事が伝わります。

また、送付状を作成することは応募企業から提出を求められた書類を再確認し、必要な書類が全て揃っているか確認をする機会になります。

【まとめ】履歴書の送付状は絶対に必要?:

企業の求人への応募方法として、応募先の企業から必要書類の郵送を指示される事がありますが、必要書類の中に送付状が含まれていない場合がほとんどです。

また、履歴書や職務経歴書を郵送する時の送付状の有無は、直接合否に影響しないとされています。

しかし、書類の郵送時に送付状をつけて送る事はビジネスマナーの一つとして多くの人に知られているため、履歴書に送付状をつけて送る事で応募者にビジネスマナーが身についている事を証明することができます。

また、書類選考を担当してくれる採用担当者の負担が軽くなる様に配慮し、履歴書や職務経歴書を郵送する場合は忘れずに送付状を添えるようにしましょう。

送付状の作成例(見本)

本章からは、実際に履歴書の送付状を作成する方法や手順、ポイントを解説していきます。

まずは理想的な送付状の作成例を見てみましょう。

求人応募用の送付状_基本の作成方法

求人応募用の履歴書送付状の作成方法を紹介します。

先程の送付状の作成例は、次のように作成したものです。

・PCで作成

・WEBからダウンロードしたテンプレートを使用

履歴書の送付状を作成する方法は、PCで作成する方法と手書きで作成する方法の2種類です。

ビジネスシーンにおいては、基本的にはPCで履歴書や送付状を作成することをおすすめします。

その理由について、PCで送付状を作成した場合の印象と手書きで送付状を作成した場合の印象を比較しながら解説します。

PCで送付状を作成した場合の印象:

履歴書にPCで作成した送付状を添えて送る事で、採用担当者に次のような印象を与えます。

・応募者はPCを使用して書類作成をするスキルを持っている

・応募者は読みやすい書類を作成するスキルを持っている

PCを使用して送付状を作成することで、応募者の基本的なPC操作のスキルがあることを伝えることができます。

また、作成時にレイアウトやフォーマットが整ったテンプレートを使用することで、内容が明確で読みやすい送付状を作成することができます。

視覚的に読みやすい送付状を提出することで、応募者に読みやすい書類を作成するスキルが身についている事を伝える事ができます。

手書きで送付状を作成した場合の印象:

履歴書の郵送時に手書きの送付状を添えた場合、採用担当者に次のような印象を与えます。

・応募者は心温まるサービスをすることが得意である

・応募者はPC操作が不得意である可能性がある

ビジネスシーンにおいて送付状を手書きで作成することは稀であるため、個性的で温かみのある印象を与えることができます。応募先の企業が、サービス業などのおもてなしのスキルを必要とする職種の場合は手書きの送付状がマッチするかもしれません。

しかし、PCの操作ができないため手書きで送付状を作ったととられる可能性もあり、多くの企業で基本的なPC操作のスキルが求められる昨今では送付状を手書きで作成することはあまりおすすめできません。

このような理由によって、送付状の作成方法はPCを使用する事をおすすめします。

この記事では、ビジネスシーンにおけるPCでの送付状の作成方法を詳しく紹介していきます。

テンプレートを使用した送付状の作成方法

・書類は読みやすさが重要

送付状に限らず、応募書類を作成する際には書類の読みやすさが非常に大切です。

同時期に何件もの応募書類をチェックする採用担当者に自分の提出書類が目に留まるよう、書類で伝えたい事が視覚的に一目瞭然で伝わる書類を作成することが肝心です。

先ほどの作成例は、テンプレートを使用して読みやすく作成されています。

そのポイントをひとつずつ見ていきましょう。

フォントを揃える:

履歴書や職務経歴書のフォントは、基本的には「明朝体」を使用します。送付状も同様に明朝体を使用します。フォントのサイズは10.5pt~11ptが標準で、一部フォントサイズを変える場合は大小2種類までにします。

字間と行間が適切:

字間や行間がつまりすぎていると、文章が読みにくい書類になります。

文章が読みやすくなるように、適度に字間と行間を開けて設定します。

余白をとる:

用紙の余白は十分にとります。また、書類の項目が一目見て分かるように、改行を適切に行います。

揃えられるポイントをすべて揃える:

書類の項目ごとに、文字を左揃え・中央揃え・右揃えのいずれかに揃えます。

封入内容を箇条書きで書く:

送付状の内容において最も重要な箇所は、封入書類の種類と枚数の項目です。

箇条書きを使い、一目見て封入内容が分かるように記載します。

このようなポイントを押さえ、視覚的に読みやすい書類を作成するには、予めフォントやフォーマットが設定されているテンプレートを使用することが最も有効な方法なのです。

・テンプレートを使用するときのポイント

正式な応募書類にテンプレートを使用して良いか疑問に思う方もいるかもしれませんが、WEB上で公開されていおり、ダウンロードが可能な多くのテンプレートは実際に使用することが可能である旨が記載されています。

使用許可が記載されているテンプレートは、正式な応募文書に使用して問題ありません。

テンプレートを使用し、視覚的に整っており内容が読みやすい送付状を効率的に作成しましょう。

履歴書送付状に必要な項目

履歴書の送付状は、応募者の印象を採用担当者に伝えることのできる貴重な機会です。

ここでは、送付状に必要な項目を3つのセクションに分け、セクションごとに解説していきます。

履歴書の送付状は、大きく3つのセクションに分けることができます。

書類上で3つのセクションがわかれて見えるように、改行や空白を使用してレイアウトしましょう。

【履歴書送付状の3つのセクション】

‐‐‐

①基本情報

②本文

③送付物の内容

‐‐‐

①基本情報

①基本情報は送付状の最初のセクションです。書類の送付に関する基本的な情報を冒頭にまとめて記載します。

これにより、採用担当者はだれがだれに宛てて送る書類であるのかを素早く把握することができます。

項目:

・送付日

送付日の欄は、書類を郵便に投函する日を書きます。そのため、書類の投函日は事前に決めておき、スケジュール通りに投函をするようにしましょう。

日付は西暦から書くようにしましょう。

・宛先

宛先には、応募企業の会社名・採用担当の部署名・担当者名などを正式名称で書きます。

宛先の情報として採用担当の部署名は公開されているが担当者名が分からない場合は次の様に書きます。

会社の正式名称 + 担当部署名 + ”採用ご担当者様”

宛先の情報として、採用担当の部署名と担当者名が公開されていない場合は次のように書きます。

会社の正式名称 + ”採用ご担当者様

・送付者の情報

応募者である、あなたの情報を記載します。

新卒採用の場合:

 現在所属している学校名・学部名から正式名称で記載します。

 学校名・学部名・住所・電話番号・メールアドレス・氏名を記載します。

 

転職などの場合:

 現住所から記載します。※現在の職場は記載しません。

 住所・電話番号・メールアドレス・氏名を記載します。

②本文

②本文のセクションでは、書類提出の挨拶をし、書類を送付した理由を伝え、面接の依頼を記載します。

これにより採用担当者はこの書類が求人に応募するためのものであることを把握し、選考の手順を進める事ができます。

項目:

・タイトル

はじめに、書類のタイトルを書きます。タイトルは中央に配置し、文字サイズを大きくすることで一目見て分かるようにしましょう。

多くの場合、タイトルは「応募書類の送付につきまして」と記入します。

・拝啓 + 時候の挨拶

ビジネス文章で挨拶文を書く際は頭語として「拝啓」から書き始めます。

その後に、時候の挨拶を入れます。時候の挨拶は履歴書、職務経歴書の送付時の月の挨拶を調べて入れましょう。

または、通年を通して使える前文を入れます。

時候の挨拶例)

春:早春の候 寒さのなかにも、春の気配を感じる頃となりました。(3月)

夏:盛夏の候 梅雨が明け、夏本番も迫ってまいりました。(7月)

秋:秋冷の候 爽やかな秋風を感じる頃となりました。(10月)

冬:初冬の候 落ち葉散りゆく季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。(12月)

通年を通して使える前文例)

貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・応募経緯

応募書類を送付する経緯や背景を、「なぜ」「何を」送付したのか分かる様に簡潔に書きます。

転職の場合は、ここで現在の職務内容等を簡潔に説明します。

新卒の場合の例)

この度、貴社求人へ応募させて頂きたく、応募書類を送付させていただきました。

転職の場合の例)

この度、貴社が転職情報サイト〇〇に掲載されておりました営業職の求人募集を拝見し、ぜひ応募させて頂きたく応募書類を送付させていただきました。

私は現在〇〇株式会社営業部に3年間勤務しており、商談資料作成や商談を始めとする営業業務全般に携わっております。

この経験と知識を活かして、貴社の営業活動に貢献したいと考えております。

・面接の申込

面接の機会を貰えるよう、希望を伝えます。

例)「ご検討の上、ぜひ面接の機会をいただけると幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。」

・結語

文章の結語として「敬具」で終わります。

③送付物の内容

送付状の一番の目的である、何を何枚送付したのかここで明記します。

項目:

・記

以下に送付内容を記載することを明確にするために、まず「記」という見出しを付け、中央に配置します。

・同封書類の一覧(箇条書き)

封入されている書類の一覧を箇条書きで書きます。

何の書類が何枚封入されているかを明確に記載することで、採用担当者がスムーズに書類のチェックを行う事ができます。

ここに記載した順番の上から順に書類を封筒に入れます。

・以上

送付物の内容が以上であることを示すために、「以上」という言葉で締めくくります。

チェックシート:

ここまで解説した内容を、チェックシートにまとめました。

送付状を作成するときにこのチェックシートを使用することで、記入の抜け漏れがないか確認してみましょう。

①基本情報

  • 送付日が正確に記載されているか
  • 宛先の会社名・担当部署名・担当者名が正式名称で記載されているか
  • 送付者の情報に抜け漏れが無いか ※学校名(新卒のみ)・学部名(新卒のみ)・住所・電話番号・メールアドレス・氏名

②本文

  • タイトルが記載されているか
  • 頭語「拝啓」・時候の挨拶がかかれているか
  • 応募経緯が簡潔に記載されており、志望動機や応募の目的が明確か
  • 面接の申込が丁寧に記載されているか
  • 結語「敬具」が適切に記載されているか

③内容

  • はじめに「記」という見出しが中央に明確に表示されているか
  • 同封書類の一覧が箇条書きで記載されているか
  • 「以上」という言葉で締めくくられているか

全体を通してのチェックポイント

  • フォントが統一されているか
  • 各項目が読みやすくまとまっているか
  • 誤字や脱字がないか

新卒採用の送付状(添え状)の書き方

新卒採用の場合は、応募経緯の項目を書く時に次のポイントに留意しましょう。

・基本情報の欄で学校、学部紹介をしているため、自己PRは基本的に不要です。

・定型文を使用し、ビジネスマナーを学んでいることをアピールしましょう。

‐‐‐

拝啓 貴社ますますのご清祥のこととお慶び申し上げます。

この度、貴社求人へ応募させていただきたく、応募書類を送付させていただきました。

ご検討の上、是非面接の機会をいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

‐‐‐

転職希望の送付状(添え状)の書き方

転職希望の場合は、応募経緯の項目を書く時に次のポイントに留意しましょう。

・基本情報に所属の会社や担当の業務を書かないため、ここで具体的な自己紹介をしましょう。

・自己紹介の一貫として、自己PRをすることもできます。ただし、なるべく短く簡潔に書きましょう。

長々と書いてしまうと、非常識な印象になってしまいますので注意しましょう。

例)

‐‐‐

私は現在、食品メーカーの営業の職務に〇〇年間従事しており、〇〇の業務などに携わっております。

そのノウハウを貴社の営業部門で活かしていきたいと考え応募させていただきました。

‐‐‐

送付状のNG例_求人応募時に避けるべきポイント

履歴書や職務経歴書に送付状を添える場合、次のポイントに注意するようにしましょう。

・必要な項目が足りない

送付状に必要な項目、情報の抜け漏れが無いかチェックシートを活用して確認しましょう。

・自己PRの書きすぎ

転職時の場合、送付状に自己紹介として自己PRを書く事がありますが、書きすぎには充分注意しましょう。自己PRは、基本的には履歴書や職務経歴書に記載するため、送付状では書かなくても問題ありません。

・希望条件を書いてしまう

送付状に必要のない情報を書く事の無いようにしましょう。特に、誤って希望の労働条件等を書いてしまうケースがありますので、充分に注意しましょう。

送付状を添えて履歴書を郵送する方法

●郵送に必要なものを確認する

以下は履歴書や職務経歴書を郵送する際に必要なものの一覧です。

送付日直前に焦って揃える事の無い様、余裕を持って予め準備をしましょう。

・「角形2号」または「角形A4号」封筒(白)

・クリアファイル

・油性ペン(黒)

・油性ペン(赤)

・のりまたは両面テープ

・切手または郵便証書

※切手や郵便証書は郵便窓口で送料を確認の上購入するのが確実です。

・提出書類(履歴書や職務経歴書)

・送付状

●提出期日から逆算して履歴書の発送日を決める

就活では履歴書やエントリーシートの提出締め切りとして、企業から「〇月〇日必着」と指示されることがあります。「必着」の言葉の意味を確認し、先方に書類が届いてほしい日付を考え、逆算して履歴書の発送日を決めましょう。

・「必着」とは

必着とは、指定日までに届いた郵便物のみ受付可能という意味を持つ言葉です。

必着というと、指定日当日に書類が届く必要があるのかと誤解してしまう事があるので注意が必要です。

履歴書を郵送する場合は、少なくとも必着日の3日前には到着するように考えると安心です。

似た言葉として「消印有効」という言葉がありますが、指定日当日までの消印が押されている書類のみ受付可能という意味を持っています。必着と消印有効にはこのような意味の違いがあります。

・郵送にかかる日数を確認する

普通郵便では、通常発送から2~3日(土日祝の配達はなし)で宛先に郵便物が届くと言われています。

しかし、この日数は約束された日数ではなく、あくまでも目安となります。郵送中にトラブルがあった場合などは遅延が発生することも考えられますので、履歴書を郵送する場合は少なくとも先方に届いてほしい日の5日前には郵便窓口から発送するようにしましょう。

前述の通り、送付状の日付は履歴書の発送日を記入します。そのため事前に提出期日から逆算して履歴書の発送日を決め、送付状に予め反映させておく事が必要になります。

履歴書の発送には、事前に必要なものを揃えたり、事前に発送スケジュールを立てる事で発送日を決め、送付状に発送日を反映するなどの事前の準備が必要です。

提出期日までに余裕を持って郵送するには、期日の1週間前までに発送できるようスケジュールを作成するようにしましょう。

履歴書の作成や送付状の作成期間を含めると、発送予定日の1か月前までに準備を始める事がおすすめです。

送付状・応募書類の封入方法

提出書類の履歴書や職務経歴書、さらに送付状が完成したら、書類の封入や封筒へのあて名書きなどの発送準備を進めます。

ここではおすすめの作業手順や封筒への書類の封入順などをご紹介します。

正しい封入方法を確認して発送準備に関する不明点を解決しましょう。

●おすすめの作業手順

以下は、発送準備をする際のおすすめの作業手順です。

1.封筒表に宛名を書く

封筒の表面に宛先を記入します。

ビジネス文書に宛名を書く場合は、基本的に縦書きで記入するのがマナーです。

記入の際は先に鉛筆などで薄く下書きをし、記入ミスや誤字脱字を防ぎましょう。

まず宛先企業の郵便番号、住所、会社名を正式名称で記入します。

次に宛先の部署または採用担当者の氏名を記入します。

・企業から部署宛に書類の提出を求められた場合

「会社名+部署名+御中」と記入しましょう。

または「会社名+部署名+採用ご担当者様」と記入する事も可能です。

・企業から採用担当者個人宛に書類の提出を求められた場合

「会社名+部署名+担当者名+様」と記入しましょう。

2.封筒表に赤字で「履歴書在中」と記入する

封筒の表面の左下に、赤色のマーカーで「履歴書在中」または「応募書類在中」と書き、文字の周りを定規を使い四角く囲み、しっかりと目に留まるようにします。

3.封筒裏に発送する日付・自分の住所・名前を書く

まず、封筒裏面の左上に発送日の日付を書きます。

次に左下に自分の郵便番号、住所、氏名を記入します。

4.提出書類を順番通りに重ねクリアファイルに入れる

封筒の準備が整ったら、次に提出書類の封入を進めます。

書類の重ね順は送付状に記入した順番と同じ順番にし、書類の向きが揃っている事を確認してクリアファイルに入れます。

提出書類をクリアファイルに順番通りに入れた状態で、先程準備した封筒の表面を上にして封入します。

5.封をする

封筒に封をするときは、はがれにくい液体のりか両面テープを使用しましょう。

スティックのりやテープのりは便利な一方はがれやすい性質を持っているため履歴書の郵送には適しません。

6.封を閉じた継ぎ目に「〆」マークを記入する

封を閉じたあとは、その継ぎ目の中央に黒色のマーカーで「〆」マークを書き入れます。

〆マークを入れる事により、封をした後にだれも開封していないという事の証明になります。

〆マークの代わりに継ぎ目に自分の印鑑を押す事も可能です。

以上が履歴書や送付状のおすすめの発送準備の手順です。

この手順で作業を進める事で、提出書類を封入する前に安定した机の上で丁寧に封筒の宛先等を記入する事ができます。

求人応募時の送付状・履歴書の郵送方法

求人応募時に送付状や履歴書、職務経歴書を郵便窓口から発送する方法や窓口での発送方法について解説します。

●郵便窓口での発送方法

履歴書を郵送する際は、基本的に郵便窓口に郵便物を持ち込んで発送手続きをするようにしましょう。

郵便窓口で発送手続きをする際は、窓口で郵便物の重さを測り、過不足なく料金を支払う事ができます。

自分の判断で切手を貼りポストに投函した場合に料金の過不足が発生した場合、郵便物が配送されなかったり、応募先企業に不足分を支払わせてしまう可能性があります。

そのため、履歴書を郵送する際は必ず郵便窓口から発送するようにしましょう。

●郵送方法の種類

履歴書を郵送する場合は、特定記録郵便やレターパックライトを利用するのがおすすめです。

・特定記録郵便とは

特定記録郵便として料金を支払い発送する事で、郵便物の引受けが記録され、郵便物等を差し出した記録を残す事ができます。

また、インターネット上で配達状況を確認する事が可能で、配達完了時にメール通知サービスを利用することもできます。

受取人の受領印が不要で、提出先の企業に受取の手間をかける事なく配達状況を確認しながら郵送する事ができるため、履歴書の郵送時におすすめのサービスです。

・レターパックライトとは

レターパックライトとは、郵便局のA4サイズの特定封筒で重さ4キログラムまで全国一律料金で発送することができ、宛先の郵便受けに配達されるサービスです。

配達状況をWeb上の追跡サービスで確認することができます。また、土曜日・日曜日・休日も含めて毎日配達がされる事も特徴です。

●速達の使用は可能?

速達とは、急ぎの郵便物等をスピーディに配達ができるサービスです。速達料金を支払う事で利用が可能です。

履歴書の提出期日が迫っている場合は、速達を利用しても問題ありません。

履歴書の郵送方法は基本的に選考に影響することはありませんが、そもそも履歴書の提出は事前にゆとりを持ってスケジュール立てる事が大切です。

●NGな郵送方法

一般書留、現金書留、簡易書留は引き受けから送付先への到着までの過程が記録される郵送方法で、万が一郵便物が届かなかった場合は一定の範囲内で賠償があります。

しかし、郵便物の到着時には受取人の受領印が必要とされるため、提出先の企業に受取の手間をかけてしまうため履歴書の郵送方法としては避けた方が良いとされています。

●まとめ

送付状の作り方から履歴書の送り方までポイントをまとめました。

最後に次のポイントを確認し、万全の準備を整えて履歴書を発送しましょう。

①送付状は基本的にPCで作成する:

②送付状の作成にはテンプレートの利用がおすすめ

③送付状の項目に抜け漏れが無いかチェックリストで確認する

④送付状のNGポイントを確認する

⑤事前に履歴書の送付スケジュールを立てる

⑥発送準備の手順を確認し、提出書類を封筒に封入する

⑦郵便窓口に持ち込み、特定記録郵便かレターパックライトで発送する

⑧郵便追跡サービスや到着確認メールサービスを活用し、配達が完了したか確認する

さいごに

送付状を添えて履歴書や職務経歴書を郵送する事はビジネスマナーの一つです。

送付状をはじめ、履歴書や職務経歴書、封筒に記入する文字までのひとつひとつが、あなたの熱意や意欲を表現する手段となります。丁寧に作成することで、採用担当者にあなたの意欲を伝えましょう。

この記事を読んでいただいた皆様の今後のご活躍をお祈りしております。

【就活にも役立つ】履歴書を作成する際のポイントを解説した記事まとめ

【今すぐ使える!】おすすめの無料履歴書作成アプリ6選

この記事では、履歴書作成を支援する無料アプリのおすすめを紹介しています。PCやスマホを使用して簡単に履歴書を作成できるアプリは、手書きよりも修正が容易で、時間を節約できる利点があります。さらに、フォーマットに合わせて記入するだけで、見栄えの良い履歴書が作成でき、印刷も自宅やコンビニで可能です。

学歴欄における基本的なルールと記入例

学歴を履歴書に記載する際の方法について説明しています。西暦または和暦での年数表記の一貫性、学校名や学部名の正確な記載が重要です。また、学歴は職務経歴書とは異なり、一般的には新しいものから順に記入することが推奨されています。

学生は注意!履歴書における在学中の意味と書き方のポイント

学生が履歴書に予定卒業年を記載する方法について解説しています。具体的な年月日を明記し、予定であることを明確に示すことが重要です。これにより、採用担当者は応募者の学業完了時期を正確に把握することができます。

履歴書の写真に適した服装の選び方と撮影のポイント!

この記事では、履歴書に使用する写真の適切な服装について解説しています。基本的には、男女問わずビジネススーツを着用することが推奨されており、特に就職活動ではリクルートスーツが一般的です。基本的にはカジュアルすぎる服装や目立つアクセサリーは避けるべきであり、清潔感や誠実さを重視することが強調されています。写真撮影時の表情も含め、採用担当者に良い印象を与えるための具体的なアドバイスが提供されています。

業界別ポイント有り!履歴書の職歴や自己PRの書き方解説

業界に応じた職務経歴書のカスタマイズ方法をまとめた記事です。それぞれの業界で求められるスキルや経験を強調するための職務経歴書の書き方について具体的な事例と共に解説しており、応募者が自分の経験を最大限にアピールするための戦略が説明されています。

【新卒者必見!】企業の採用担当者が注目する履歴書の作成方法

新卒者が履歴書を作成する際のポイントを提供しています。教育背景やアルバイト経験、クラブ活動など、未経験者がどのようにして自分の強みをアピールできるかに焦点を当てています。履歴書の基本的な構成から、どの情報をどのように記載するかについてのガイドラインが詳細に説明されています。

就職活動に役立つ!履歴書で差をつけるためのポイントやコツを解説

職務経歴書を作成する際の一般的なアプローチと特定のポジションに応募するためのカスタマイズ方法について説明しています。特に、経験と成果をどのように効果的にプレゼンテーションするかが重要であり、そのための具体的な書き方とフォーマットの選択が提供されています。

インターンシップの履歴書はどう書く?基本的な解説や具体例を網羅

この記事では、インターンシップに応募する際の履歴書の正しい書き方について説明しています。基本情報の記載方法、志望動機の表現方法、自己PRの作り方に焦点を当て、採用担当者に良い印象を与えるポイントを詳述しています。履歴書のフォーマットや、写真の貼り付け方、教育歴や職歴の記載方法についても具体的な指南が提供されています。

テンプレやサービス紹介有り!就職活動の成功へ導く履歴書作成ガイド

この記事は、就職活動全般にわたる履歴書の作成ガイドを提供します。効果的な履歴書作成のテクニックや、就職活動で成功するための戦略が説明されています。職務経歴の強調方法、スキルセクションの書き方、採用担当者へのアピール方法など、具体的なアドバイスが多数含まれています。

【意外と知らない?】履歴書の資格やスキル、自己PRの書き方ポイント!

スキルや資格の書き方に特化した記事で、どのようにして自分の技能と資格を履歴書に効果的に組み込むかについて詳しく解説しています。職種に応じたスキルの選択や、具体的な例を挙げての説明が行われており、読者が自己のスキルを適切にアピールできるようにガイドしています。

人柄が伝わる!履歴書の趣味や特技欄の活用方法や注意点など

履歴書における趣味の記載の重要性と方法について詳しく述べています。趣味を履歴書に記入することのメリット、趣味が職場でのスキルや人柄を示す方法、趣味を記載する際の注意点などが解説されています。

能力やスキルを引き立てる!履歴書作成における資格の活用方法を解説

履歴書に資格を記載する際の正しい方法とその重要性について説明しています。資格を履歴書に記入することで、応募者の専門性や適性を明確に示すことができるとされ、どのようにして資格を効果的に履歴書に反映させるかが詳細に解説されています。

【具体例が豊富】履歴書の書き方やすぐに使えるテンプレなどを紹介

【サンプル多数】履歴書作成が捗る!履歴書作成におすすめのアプリまとめ

履歴書作成に役立つアプリ6種を紹介しています。これらのアプリはユーザーが簡単に履歴書を作成できるように設計されており、PCやスマートフォンからアクセス可能です。選び方のポイントとして、使いやすさ、カスタマイズ可能なテンプレートの数、出力形式の多様性などが挙げられています。また、プライバシー保護といったセキュリティの面も重要視すべきとされています。

【意外と迷う】履歴書の学歴欄の書き方を詳しく解説!

履歴書の学歴欄には、高校卒業以降の教育経歴を新しいものから逆順に記載します。記事では、正確な学校名、入学および卒業年月、専攻などの詳細な情報を含めることの重要性を強調しています。また、大学院や専門学校など、さまざまな教育機関の記載例も提供されており、正確かつ適切な情報提供が求められています。

学歴と職歴のバランスが重要!転職における履歴書作成のポイント

転職時の履歴書作成においては、職歴を強調し、特に過去の実績や職務での成果を具体的に記述することが推奨されています。適切なテンプレートを使用することで、これらの情報を効果的に整理し、採用担当者に自己のスキルと経験を効果的にアピールすることができます。

【サンプル有り】アルバイトに向けた履歴書作成のポイントや作り方など!

アルバイト用の履歴書では、基本的な個人情報、教育背景、これまでのアルバイト経験を明記します。特にアルバイト経験が少ない場合は、関連するスキルや学業での成果を強調することが効果的です。また、履歴書の正確な記載と清潔感のある提出方法が重要とされています。

趣味や特技などの記載も必要?アルバイトの履歴書を作成する際のポイント

アルバイト用の履歴書作成には、基本情報、教育背景、職歴、スキル、趣味・特技を含めるべきです。特に、アルバイト先に対する志望動機や自己PRは、個性を表現し、採用の可能性を高めるために重要です。写真の添付が必要かどうかは企業によって異なりますが、添付する場合はプロフェッショナルなものを選びましょう。

細かな工夫が必要?就活における履歴書作成のポイント解説!

この記事では履歴書作成のポイントを広く解説しています!新卒者は学歴を中心に、関連するインターンシップやプロジェクトを詳細に記述することが推奨されます。職歴がない場合は、学内活動やボランティア経験を強調し、これらを通じて獲得したスキルや成果をアピールすることが重要です。

【就活生向け】企業の新卒採用担当者に読まれる履歴書を解説!

この記事では就活生にも役立つ履歴書の作成方法を解説しています!効果的な履歴書作成には、過去の職務経験を具体的に記述し、特に達成した成果や展開したプロジェクトを強調することが重要です。履歴書は、応募者の専門性と適合性を採用担当者に示すためのツールとなります。

多くの学生が参加!インターンシップに応募する際の履歴書について

インターンシップ用の履歴書では、教育背景や関連するコースワーク、プロジェクトを詳細に記載し、志望するインターンシップとの関連性を示すことが重要です。また、過去の実績や特技を通じて、応募するポジションで活かせるスキルをアピールすることが求められます。

資格やスキルを引き立てる!履歴書における学歴や資格を書く際のポイント!

この記事では、在学中の学生が履歴書を作成する際のポイントを詳しく説明しています。特に「卒業見込み」と「在学中」という表現の違いに焦点を当て、それぞれの状況に応じた適切な使い方を指南しています。学生が履歴書に記載する学歴や資格、スキルは企業に自己の能力と意欲をアピールする重要な要素です。記事では、これらをどのように効果的に記載するかについて、具体的な例を挙げながら解説しており、新卒採用応募、アルバイト応募、インターンシップ応募、奨学金申請など、異なる目的に応じた履歴書の書き方を提供しています。この情報は、在学中に履歴書を必要とする学生にとって、自己PRを最大限に活かすための貴重なガイドとなるでしょう。